大満足の住宅ローンを

@住宅ローン > 住宅ローンで減税しよう

住宅ローンで減税しよう

所得税額から最大600万円もの控除が受けられる住宅ローン控除。性能強化費用やバリアフリー改修工事も一部控除対象となるなど、非常に嬉しい内容になっています。

住宅ローン控除とは?

平成21年の税制改正で住宅ローン控除の延長が決まり、以前よりも広い範囲で控除が受けられるようになります。以下に、財務省による平成21年度 税制改正の要綱を元に作成した、平成21年(2009年)からの内容を表にしています。

住宅ローン控除内容

【一般住宅の場合】

居住開始年
控除期間
住宅借入金等の
年末残高の限度額
控除率
最大控除額
2011年 10年間 4,000万円 1.0% 400万円
2012年 10年間 3,000万円 1.0% 300万円
2013年 10年間 2,000万円 1.0% 200万円

平成21年度税制改正に伴って、200年住宅ともいわれる長期優良住宅には、さらに控除率が。

【認定長期優良住宅の場合】

居住開始年
控除期間
住宅借入金等の
年末残高の限度額
控除率
最大控除額
2011年 10年間 5,000万円 1.2% 600万円
2012年 10年間 3,000万円 1.0% 300万円
2013年 10年間 2,000万円 1.0% 200万円

*長期優良住宅の普及の促進に関する法律に規定する認定長期優良住宅に該当する家屋で一定のものが対象

申告手続きについて

確定申告は毎年2月16日から3月15日。その前年に入居を始めている場合は、税務署へ申告手続きをします。
給与所得者で年末調整を受けている人は、2年目以降、年末調整住宅ローン控除が組み込まれるので、毎年の申告の必要はありません。

申告に必要な書類
住民票の写し
家屋の登記事項証明書
年末残高等証明書 など